AppleTV → FireTV

年末辺りから長年使ってきたAppleTVの動作がおかしくなってきた。
そして年が明けて早々にいくつかのストリーミング再生ができなくなってしまったので、新しいSTBを買うことになりました。

新しいAppleTVでも良かったのですが…あれちょっと高いですよね。
GoogleのChromecastは安くていいのですが、最終的にはAmazonのFireTVに決めました。以前から利用しているHuluの利用はもちろん、dTV、dアニメ、abemaTV、netflixと、一通りアプリがそろっているのがやはり魅力的だったのでした。プライムビデオももちろん普通に観れる。

Chromecastを選ばなかったのは、この手のデバイスは何かとスマートフォンと連携出来てスマホでリモコン操作ができることを便利なように紹介されることが多いですが、私に言わせると何も考えずに手の感触だけで操作できるリモコンで全ての操作が完結しないシステムはあり得ない。真夜中に電気を付けずにひっそり動画を見るにはリモコン操作が適しているからです。いちいち没入している画面から目線を外してスマートフォンを見ないと操作できないリモコンなんて全然うれしくない。

★セットアップされて届くFireTV
Amazonで買うわけですから、購入時のアカウントが登録された状態で届きます。なので配線してネットワークにつなげると即Amazonが提供しているサービスを利用できます。私は動画はプライムビデオのみ利用ですが恐らく購入した動画もシームレスに観れると思われます。

★dアニメ
Huluは殆どリビングのNexusPlayerで観るので、自分の部屋でみるのはやっぱりこちら。
UIがwebとスマホアプリとFireTVで統一されていないのはマイナスポイントです。ダウンロード視聴にもまだ対応していないご様子。まあSTBは外に持ち出してみるものではないので特に不便を感じているわけではありません。対応してくれたらよく観るものに関してのトラフィックを抑えられるというメリットはあるのですがね。

★abemaTV
殆ど動物チャンネルしか見ませんが、特に不満なく楽しめます。

★UI
若干アプリの整理とかがとっつきにくかった。アプリ起動→視聴や利用に関しては特に良くも悪くもない。自分的にはよく利用するアプリは一番上じゃなくて二番目が良かった。一番上は自分の並べた通りのアプリが並んでいる方がいい。

★ファイル操作
この辺がAppleTVとは違うところでES file explorerを使ってローカルのファイルなども操作できる。
ファイラーとVLCがあれば、特に何か特別なことしなくてもNAS上のメディアファイルも再生できるので、自分が昔録りためた映像も問題なく見ることができた。

とりあえず旧AppleTVと比べて大幅に使いやすくなったことは確かです。

ゲームのお時間

2017年最初のブログですが特に挨拶はなくすっと始まります。

割とファミコン世代をど真ん中に生きている私ですが、意外とリアルタイムにファミコンは自分の家にはなく、うちに来た最初のコンピュータはファミリーコンピュータではなくMSXでした。

まあでも自分は楽しかった記憶があります。ポートピア連続殺人事件とかもテープでプログラムを20分くらいロードしてやってましたが、それで別にイライラしていなかったのです。今の時代にNow Loadingが20分続いたら……。

さて、そんなこんなである程度育つと今度はX68000が我が家にやってきます。今回はそのX68000の話。

まあブログとは全然関係ないことでちょっとGoogle先生で検索してゲームリストを眺めていたわけですが、X68000のゲームは結構思い出があるのが多いなぁと感じました。たぶんこの辺のゲームが一番やりこんでたのでしょうね。

ざっくりとリストからプレイした記憶があるゲームタイトルを並べると

  • アフターバーナー Ⅱ
  • アルゴスの戦士
  • イメージファイト
  • エメラルドドラゴン
  • A-JAX
  • キャメルトライ
  • ギャラガ ’88
  • クォース
  • グラディウス
  • 源平討魔伝
  • 今夜も朝までパワフルまぁじゃん 2
  • サイバリオン
  • 沙羅曼蛇
  • サーク(1&2)
  • ザ・リターン・オブ・イシター
  • ジェノサイド
  • スーパー大戦略 68K
  • ダンジョンマスター
  • 水滸伝 -天命の誓い-
  • ドラゴンスピリット
  • ドラゴンスレイヤー 英雄伝説
  • ドラゴンバスター
  • ザ・ニュージーランドストーリー
  • 信長の野望(全国版~武将風雲録)
  • ハイドライド 3 スペシャル
  • パックマニア
  • バブルボブル
  • ファンタジーゾーン
  • フルスロットル
  • プリンス・オブ・ペルシャ
  • ボスコニアン
  • ポピュラス
  • Might & Magic(1&2)
  • 夢幻戦士ヴァリス Ⅱ
  • めぞん一刻 完結編
  • メルヘンメイズ
  • 闇の血族(完結編含む)
  • ライヒスリッター -帝国騎士団-
  • ラストハルマゲドン
  • ワンダラーズ フロム イース
  • ラプラスの魔

たぶんもっとプレイしていますがきりがないのと、あんまり記憶がないのはそれなりにしかやってないと思うので割愛。

一応50音順っぽくなってると思いますが、プレイ順で言えば筆頭に来るのはやっぱりグラディウス。実は私が買ったACEにはグラディウスは付属していないのですが、当時は自分の周りにはなぜかX68Kユーザーの友達が数人いたので、その中でソフトは共有されていきました。話を戻して、筆頭に来るのはグラディウスですが、ゲーセンでだいぶやりこんでいたこともあって、x68kで一番プレイしたシューティングゲームはたぶんドラスピ。モニターをわざわざ縦にしてプレイしてました。ボスコニアンも相当やりましたね。

アクションゲームで一番やりこんだのはたぶんニュージーランドストーリー。アザラシにさらわれたキウィ達を助けに行くゲームですが……今見るとおいしs……いえ。あとヴァリスⅡもパックマニアもやりました。イシターもアクションゲームのカテゴリーでいいのかな。イシターはゲーセンでやりきれなかった分きっちりやりました。そういう意味ではゲーセンでクリアしていなかったバブルボブルとかもx68kでクリアを目指しましたね。ゲーセンでやりきったにも関わらず思い出したようにやりたくなるのは源平かな。

RPGは逆にx68kは層が薄いというか、昔のRPGってやりこんだもののクリアしていないゲームも結構あって、もともと高難易度のMight&Magicもやりこんだけどクリアに至らず、エメドラやサーク、ラストハルマゲドン辺りもクリアしたかもしれないけれど記憶がないのでした。自分にとって初イースになるワンダーランドフロムイースとドラスレ英雄伝説のファルコム勢はきっちりクリアした記憶がありますが、たぶんプレイ時間的にはマイトマやエメドラの方が圧倒的に多かったと思います。あと忘れてはならないのはラプラスの魔。当時クリア出来なかったけれどもう一回やってみたいゲームの一つです。

一つ一つあげていったらきりがないので本当にざっくりと記憶をたどってみた感じですが、結局何が書きたかったのか……書きたかったのではなくて、たぶん自分の覚書ですこれ。

今でも機会があればやり直したいゲームの一覧x68k版ってところですな。

x68kのエミュをノートPCにインストールしてみようかな。

 

2017年1月11日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : 想

Feed WatcherとRSSとブログ

ブログペットは個人のブログの更新状況をざっくり見るのに便利でしたが、サービスが終了してからオープンなテキストコミュニケーションはブログからTwitterに移り、その間にいろいろと世の中も変わっていき、RSSとか個人ブログというキーワードから遠ざかっていました。

しかしつい最近、FeedWatcherのニュース記事を見てちょっと自分用のRSSポータルを作りたくなってきたので、ここで個人ブログを管理してみようと思いました。……とは言っても、昔からのブログ友達はだいぶブログから離れていて、登録した件数はわずかだったりするのですが、それでもその数件のブログの更新状況が一目でわかるというのはそれなりに助かります。あとバラバラに散乱していたブログのリンクをここに集約しておくのもいいかなと。

まあ他の方のブログをここに登録するのは苦でも難しくもなくすんなりいったのですが、そのテスト過程で自分のブログのRSSがリーダー側で拾えなくなっていることが判明して(https可した影響で)、それの直し作業とか余計な作業はいくつかありました。
とりあえずブログを書いてるのも実はその一環ではあります。

今年はお正月休みみたい……

PSO2を取り戻せ!(nProtect GameGuardとfirewall)

それまでは普通に動いていたPSO2ですが、昨日の朝にGameGuardが通信できていないご様子。
起動はするけど左上の小窓で目盛が進まないでretryボタンが現れる。そのうちタイムアウトで動作が停止するという感じ。

まあ通信が出来ていないということはソフトウェア的な問題じゃなくて、設置して間もないFWがブロックしてる可能性の方が高かったので、FWのログを確認。

IPS(侵入防止機能)でブロックされておりました。
FW設置後いくらかの期間はこういうブロックされたの中から許可するものを選択する機会が何回かありそうな感じです。
ちなみにログを色々確認すると結構通信をブロックしていることが確認できました。まあ正直自分以外の通信に関して関心はないものの、安全性については全く信用していないので(だからFW設置してるのだし)、必要があって言ってくるまではブロックしたままにしておきます。

とりあえずPSO2…というよりGameGuardは動作するようになったのでよかったよかった。

うちのPSO2の環境は仮想マシンなので当然ネットワークも仮想NIC。

net_01

仮想アプリのparallelsがアップデートした直後だったので少しだけドキドキしました。

◆◆◆

話は変わって本。
そんなにうちにある本は多くないのですが、今度の休みに最寄りの図書館に寄贈してみようかなーと。コミックはさくっと捨てられるのですが、ハードカバーの本とかは結構捨てるのに躊躇するんですよね。売るのもちょっと躊躇う感じ。

まあ寄贈しても図書館側の判断で古本市とかに回されたりするわけなのですが、そこはもう図書館にお任せということでいいような気がします。本当は最寄りよりも足りないところに送った方がよいのでしょうが……その辺もちょっぴり調べてみようかなぁ。

出来れば部屋を大改造したいと考えていて、そのためには3つある大きな本棚とその中身をごっそり処分しなければなりません……。めんどいのでなかなか進みませんが、少しずつ処分をしていきたいなぁと思うわけですよ。そしてどっしりとした社長机と椅子を置きたいのですよ←

◆◆◆

今日は関東で雪の予報とか。
電車遅れるんだろうなー

流石に今日は一駅先に歩くのはやめようかな……でもなんか歩いたほうが早いかもしれないけど。

 

firewallとネットワーク

我が家は割とネットワーク接続する機器が多い。
一応今まではWi-Fi接続が主だったこともあって、RT-AC3200というルーターの機能でセキュリティを高めていました。何度か不正な通信をブロックした通知が届いていたので、まあ役に立っていたと思います。
それでも最近はもうちょっと踏み込んだ対策もとりたいとも考えていて、ここいらでfirewallを立ててみようと突然思い至りました。

幸い個人使用であれば無料でintel互換マシンに組み込めるFWが存在しています。
Sophos XG Firewall Home Edition
ついでに言えば各種仮想化技術にも対応しているので、こういうのを個人的に構築したい人にはちょうどいい教材と言えます。Sophosになじみがない方もいるかもしれませんが、企業では導入も多くて信頼できるベンダーさんです。あとmacを使っている人にはなじみあるかも。

◆◆◆

直接インストールしようとも思ったのですが、試行錯誤しているうちに結局はESXi上に入れて仮想マシンで導入することになりました。というより直接インストールしたときはうまくWAN側のネットワークを認識してくれず、二つのNICをうまい具合に認識できたのがESXiだったのでそうせざる得なかったのですが。

使ったマシンはDS67Uというshuttleのベアボーンマシン。
CPUは非力(Celeron 3855U)ですが安くてファンレス!いやぁお金に余裕があるならUS67U5をお勧めします。Core i5-6200Uでファンレスなので。

まずはESXiのインストール(IP割り当てまで)。ノートPCにvSphereクライアントをインストールして接続。構成⇒セキュリティープロファイルからESXiへのSSH接続を有効にします(デフォルトはoff)。SSHでESXiに接続してコンソールからドライバーをインストール。その後SSHは無効に戻しました。

vSphere上で物理NICが二つ見えるようになったら、仮想スイッチをLAN側WAN側の各ポートに振り分けてインストール。仮想マシン作成⇒インストール。さらっと書いてますがここに至るまでが結構めんどくさくて試行錯誤してました。うまくインターネットに出れなくてライセンス認証で止まって少し考え込んでおりました。

firewallの構築そのものはそんなに難しくなく、ちょっとずつ試してわざとウィルスダウンロードしたり危険なサイトいったりしてブロックされるのを確認するのを楽しんでいました……完全におもちゃです。
NexusPlayerのHuluが再生できない問題も発生しましたが、そこも何とかクリアしてとりあえずインターネットも出れて、iMACからのPSO2の動作もiOSやandroidからのアプリや動画再生も問題なかったので通常運用に入りました。

◆◆◆

デレステはそんなこんなで完全に出遅れていますが、そんな感じでしばらくはネットワークをおもちゃにしていきたい気分です。